日本昔話【七夕さんのはじまり】Japanese Folktale: The Origin of Tanabata

table of contents

七夕さんのはじまり( The Origin of Tanabata)

むかしむかし、あるところに、ほうろく売りがいました。
Once upon a time, there was a seller of hōroku.

ほうろくというのは、土で作ったフライパンの様な物です。
Hōroku are objects similar to frying pans made of clay.

ある年の七月、ほうろく売りが山道を通りかかると、娘たちが湖で水浴びをしていました。
One July, as the hōroku seller was passing through a mountain path, he saw some girls bathing in a lake.

ふと見ると、目の前に美しい着物がおいてあります。
Suddenly, he noticed a beautiful kimono placed before him.

「ああっ、何てきれいな着物なんだろう」
“Oh, what a beautiful kimono!”

ほうろく売りはその着物がほしくなり、その中の一枚をすばやくカゴに入れて、何くわぬ顔で通りすぎていきました。
The hōroku seller wanted the kimono, so he quickly put one of them into his basket and passed by nonchalantly.

ところが夕方、仕事を終えたほうろく売りがそこへ戻ってくると、一人の美しい娘がシクシクと泣いているのです。
However, in the evening, when the hōroku seller returned after finishing his work, he found a beautiful girl crying softly.

「ははん。さては、わしに着物をとられた娘だな」
“Haha, she must be the girl whose kimono I took.”

ほうろく売りはそのまま通り過ぎようとしましたが娘の着物を盗んだという罪の意識もあったので娘に自分の着物を着せてやると、家につれて帰りました。
The hōroku seller was about to pass by, but feeling guilty about stealing the kimono, he gave her his own kimono and took her home.

さてこの娘、見れば見るほど美人です。
This girl was incredibly beautiful.

ほうろく売りはこの娘が好きになり、自分のお嫁さんにしました。
The hōroku seller fell in love with her and made her his wife.

やがて子どもが生まれて、親子三人は仲良く暮らしていました。
Eventually, they had a child and the three of them lived happily together.

ある日の事です。
One day,

ほうろく売りが仕事に出かけた後、お嫁さんが子どもを寝かせながら、ふと天井を見てみると何やらあぶら紙につつんだ物があります。
after the hōroku seller had gone to work, while putting their child to sleep, his wife happened to look at the ceiling and saw something wrapped in oiled paper.

「あら、何のつつみかしら?」
“Oh, what could this be?”

お嫁さんがつつみを開いてみると、中には盗まれた着物が入っていました。
When she opened the package, she found the stolen kimono inside.

「これはわたしの着物!きっと、あの人が盗んだに違いないわ。ゆるさない!」
“This is my kimono! He must have stolen it. I can’t forgive him!”

お嫁さんはその着物をすばやく着ると子どもをかかえて空へのぼろうとしました。
She quickly put on the kimono,grabbed their childand tried to ascend to the sky.

そこへ、ほうろく売りが帰ってきたのです。
Just then, the hōroku seller came back.

一目で全てをさとったほうろく売りのお嫁さんに手をついてあやまりました。
Realizing everything at a glance,the hōroku seller knelt down and apologized to his wife.

「ま、待ってくれ!わたしが悪かった。だから待ってくれ!」
“Wait, please! I was wrong.So please wait!”

「いいえ!わたしは天の国へもどります!あなたに着物をとられて、しかたなくお嫁さんになりましたがわたしはもともと天女です」
“No! I am returning to the heavens! I became your wife because you took my kimono, but I am originally a celestial maiden.”

「すまない!あやまる!今までに何度も返そうと思ったが、お前がどこかへ行ってしまうのではないかと心配で、返すに返せなかったんだ」
“I’m sorry! I apologize! I wanted to return it many times, but I was afraid you would leave, so I couldn’t return it.”

「いいわけは聞きません。さようなら」
“I don’t want to hear excuses. Goodbye.”

「たのむ!何でもする。どんなつぐないでもする。だから、わたしをおいていかないでくれ!」
“Please! I’ll do anything. Any atonement. So don’t leave me!”

必死にあやまる男の姿に、心をうたれたお嫁さんは
Touched by his desperate apology,

「では、もし本当にわたしが大切なら本当にわたしに会いたいのならわらじを千足つくって天にのぼってきなさい。
“Then, if I truly matter to you,if you truly want to see me,make a thousand pairs of straw sandalsand ascend to the heavens.

そうすれば親子三人今まで通り暮らす事が出来るでしょう」
Then, we three can live together as before.”

と、言うとお嫁さんは子どもとともに天高くのぼっていってしまいました。
With that, she ascended high into the sky with their child.

「わらじを千足だな。よし、つくってやる!」
“A thousand pairs of straw sandals, huh? Alright, I’ll make them!”

ほうろく売りはお嫁さんに会いたい一心で、毎日毎日、朝から晩までごはんも食べずに、わらじをつくりました。
Driven by his desire to see his wife, the hōroku seller worked tirelessly, making straw sandals from morning till night without eating.

何日もかかってやっと九百九十九足のわらじが出来ました。
After many days, he finally made 999 pairs of straw sandals.

「よし、あと一足だ。あと一足で、あいつと子どもに会えるんだ」
“Alright, just one more. One more pair and I can see her and our child.”

そう思うと、ほうろく売りはがまん出来なくなり、一足たりないまま外へ飛び出すと、天に向かって、
He couldn’t wait any longer, so he ran outside missing one pair, and shouted towards the sky,

「おーい、はやくむかえにきてくれー!」と、叫びました。
“Hey, come and get me soon!”he shouted.

すると天から、ひとかたまりの雲がおりてきました。
Then a cloud descended from the sky.

ほうろく売りがその雲に乗ると雲は上へ上へとのぼっていきました。
The hōroku seller got on the cloud, which began to ascend higher and higher.

ところがわらじが一足たりないためあと少しの所で天の国へ着くというのにそれっきり雲が動かなくなりました。
However, because he was one pair short, the cloud stopped just before reaching the heavenly realm.

「あっ、あなた、本当にきてくれたのね」
“Oh, you really came.”

天女は一生懸命に手を振っているほうろく売りを見つけるとはたおりの棒を下へのばしました。
Seeing the hōroku seller waving desperately,sthe celestial maiden extended a loom stick down to him.

ほうろく売りはその棒につかまり何とか雲の上に出ることが出来たのです。
The hōroku seller grabbed the stick and managed to climb onto the cloud.

さて、天女の家にはおじいさんとおばあさんがいて赤ちゃんのおもりをしています。
In the celestial maiden’s home, there were an old man and an old woman taking care of the baby.

「この人が、この子のお父さんです」
“This is this child’s father.”

天女はほうろく売りを二人の前につれていきました。
The celestial maiden introduced the hōroku seller to them.

でも二人は怖い顔でほうろく売りをにらみました。
But the two glared at he hōroku seller with stern faces.

何とかしてほうろく売りを追い返そうと考えていたのです。
They were thinking of a way to drive him away.

そこでほうろく売りにザルをわたしてそれで水をくんでくるように言いました。
So, they handed him a basket and told him to fetch water with it.

穴のたくさん開いたザルでは水をくんでくることが出来ません。
A basket full of holes cannot hold water.

ほうろく売りが困っているとお嫁さんはザルにあぶら紙をしいてくれました。
Seeing his struggle, the celestial maiden lined the basket with oiled paper.

ほうろく売りはそれに水をくんで二人のところへ持っていきました。
The hōroku seller fetched water with it and brought it to the two.

「うむ、人間にしてはなかなか知恵がある。ほうびに、このウリをやろう。横に切って食べろ」
“Hmm, for a human,you have quite some wit. As a reward, I’ll give you this melon. Cut it horizontally and eat it.”

そう言って、おじいさんはほうろく売りに大きなウリをくれました。
Saying this, the old man gave the hōroku seller a large melon.

天の国ではウリをたてに切って食べます。
In the heavenly realm, melons are cut vertically to eat.

もし横に切ったら水がどんどん出てきて止まらなくなるのです。
If cut horizontally,water would keep flowing out.

そんな事とは知らないほうろく売りがウリを横に切ったから大変です。
Unaware of this, the hōroku seller cut the melon horizontally, causing trouble.

切り口から水がふきだして止まらなくなりほうろく売りは天の川に流されてどんどん遠くへ行ってしまいました。
Water gushed out from the cut, and the hōroku seller was swept away by the Milky Way, drifting further and further away.

それを見て、お嫁さんが叫びました。
Seeing this, the celestial maiden cried out,

「あなた、父母を説得して月に一度、水の流れを止めてもらいます。毎月の七日に会いに来てください」
“My dear, I will persuade my parents to stop the water flow once a month. Please come to see me on the seventh of every month.”

ところがほうろく売りは、水の流れの音のために聞きちがえて
However, due to the sound of the water flow, the hōroku seller misunderstood,

「よし、わかった。毎年の七月七日だな」
“Alright, I understand. It’s the seventh of July every year.”

と、言って、そのまま流されてしまいました。
he said, and was swept away.

こうして二人は、年に一回、七月七日の七夕にしか会えなくなったという事です。
Thus, the two could only meet once a year on the seventh of July, on Tanabata.

朗読用YouTube

朗読用です。眠れない時や読み聞かせ、勉強等にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

table of contents