日本昔話【頭の池】Japanese Folktale:A Pool on His Head

table of contents

頭の池( A Pool on His Head)

むかしむかし、あるところに、どうにも貧乏な男がいました。

Long, long ago, in a certain place, there was a very poor man.

「人並みに暮らしたいなあ。・・・そうだ、観音様(かんのんさま)にお願いしてみよう」

“I want to live like other people… That’s it, I’ll ask Kannon-sama.”

男が村の観音様に通って、お参りを続けていると、ある晩、観音様が現れて、

The man visited the village’s Kannon-sama shrine and continued to pray, until one night, Kannon-sama appeared,

「いいだろう。お前の願い、叶えてしんぜよう。夜が明けたらお宮の石段を降りていって、最初に見つけた物を拾い、それを大事にしなさい」と、告げました。

and said, “Very well. I will grant your wish. At dawn, go down the shrine’s stone steps, pick up the first thing you find, and cherish it.”

やがて男が石段を降りて行くと、何か落ちています。

Soon, as the man descended the stone steps, he found something on the ground.

「ははん。これだな」

“Aha, this must be it.”

拾いあげると、それはカキのタネでした。

When he picked it up, it was a persimmon seed.

「何だ、こんな物か」

“What? Just this?”

男は捨てようかと思いましたが、せっかくお告げをもらったのですから粗末に出来ません。

The man thought about throwing it away, but since it was a divine message, he couldn’t treat it poorly.

ありがたくおしいただくと、これは不思議。

When he gratefully put it on his forehead, something strange happened.

カキのタネが男のひたいにピタッと張り付いて、取ろうにも取れません。

The persimmon seed stuck firmly to the man’s forehead and wouldn’t come off.

「まあいい、このままにしておこう」

“Well, alright, I’ll just leave it as it is.”

すると間もなく、カキのタネから芽が出て来ました。

Soon, a sprout emerged from the persimmon seed.

芽はズンズン伸びて、立派な木になりました。

The sprout grew quickly and became a magnificent tree.

男がたまげていると、カキの木は枝いっぱいに花をつけ、花が終わると鈴なりに実をつけました。

As the man was astonished, the persimmon tree blossomed all over its branches, and when the flowers fell, it bore a lot of fruit.

「うまそうだな。試しに食べてみよう」

“These look delicious. I’ll try one.”

男が食べてみると、甘いのなんの。

When the man tried one, it was incredibly sweet.

男はさっそく、町へカキを売りに行きました。

The man quickly went to town to sell the persimmons.

「頭にカキの木とは、珍しい」

“A persimmon tree on your head? How unusual.”

「おれにもくれ」

“Give me one too.”

「おれもだ」

“Me too.”

カキは、飛ぶ様に売れました。

The persimmons sold like hotcakes.

男はお金をふところにホクホク顔でしたが、面白くないのは町のカキ売りたちです。

The man was happily pocketing money, but the town’s persimmon sellers weren’t happy.

「おれたちの商売を、よくも邪魔したな!」

“How dare you disrupt our business!”

男を囲んで袋叩きにすると、頭のカキの木を切り倒してしまいました。

They surrounded the man, beat him up, and cut down the persimmon tree on his head.

「ああ、もう、金もうけ出来ない・・・」

“Oh no, I can’t make money anymore…”

男がしょげていると、切り倒されたカキの木の根元に、カキタケという、珍しいキノコが生えてきました。

As the man was disheartened, at the base of the cut-down persimmon tree, a rare mushroom called kaki-take started to grow.

おいしいキノコなので男が売りに行くと、これまた飛ぶ様に売れました。

Since it was a delicious mushroom, when the man went to sell it, it also sold like hotcakes.

面白くないのは、町のキノコ売りたちです。

The town’s mushroom sellers weren’t happy about this either.

「おれたちの商売が、あがったりだ!」

“Our business is ruined!”

男を囲んで袋叩きにすると、カキの木の根元を引っこ抜いてしまいました。

They surrounded the man, beat him up, and uprooted the base of the persimmon tree.

男は、ガッカリです。

The man was disheartened.

頭には、大きなくぼみが出来てしまいました。

A large depression formed on his head.

やがてこのくぼみに雨がたまって、大きな池が出来ました。

Eventually, rain filled this depression, creating a large pond.

「こうなったらいっその事、池に身投げをして死んでしまいたい」

“If it has come to this, I might as well drown myself in the pond.”

男がなげいていると、頭の池でパチャンとはねるものがありました。

As the man was lamenting, something splashed in the pond on his head.

手に取ってみると、大きなコイです。

When he took a closer look, it was a big carp.

頭の池にはいつしか、コイやらフナやらナマズやらが育っていたのです。

Somehow, carp, crucian carp, and catfish had started to grow in the pond on his head.

男は頭の池の魚を売りに行って、またまたお金をもうけましたが、町の魚売りたちはあきれて、ポカンとながめているだけでした。

The man went to sell the fish from the pond on his head, made money again, but the town’s fish sellers were just stunned and watched in amazement.

朗読用YouTub

朗読用です。眠れない時や読み聞かせ、勉強等にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

table of contents