日本昔話【風呂のぬか団子】Japanese Folktale:Bath Dumplings

table of contents

風呂のぬか団子( Bath Dumplings)

むかしむかし、田舎(いなか)のお百姓(ひゃくしょう)さんが、初めて江戸(えど→東京都)へ出てきました。
Long, long ago, a farmer from the countryside came to Edo (now Tokyo) for the first time.

「ごめんなさい。今晩、泊めてください」
“Excuse me. Could you let me stay here tonight?”

お百姓さんが、宿屋の前でそう言うと、
When the farmer said this in front of the inn,

「はい、ただいま。さあ、どうぞどうぞ」
“Yes, of course. Please, come in.”

宿屋の女中(じょちゅう)さんは、お百姓さんを部屋に案内しながら言いました。
The inn’s maid said this as she led the farmer to his room.

「ご飯を先にしますか? それともお風呂にしますか?」
“Would you like to have dinner first or take a bath?”

「へえ、お風呂に入れてもらいましょう」
“Well, I’ll take a bath first.”

「では、こちらへ」
“Then, this way.”

お百姓さんは女中さんに案内されて、お風呂場へいきました。
The farmer was guided by the maid to the bathhouse.

お風呂場には、ぬかと塩がおいてありました。
In the bathhouse, there were rice bran and salt.

むかしは石けんも歯ブラシもなかったので、ぬかで顔を洗い、塩で歯をみがいたのです。
In the old days, when there was no soap or toothbrushes, people washed their faces with rice bran and brushed their teeth with salt.

でも、このお百姓さんは、そんな事は知りません。
However, this farmer didn’t know that.

「はあ、これはきっと、ぬかダンゴを作って食べろというんだな」
“Oh, they must be telling me to make rice bran dumplings and eat them.”

そう思い、ぬかに塩を入れて水でねり、ダンゴを作って食べました。
Thinking so, he mixed the rice bran with salt and water, made dumplings, and ate them.

「こりゃうまい。こいつは、なかなか上等なぬかじゃ」
“This is delicious. This is really fine rice bran.”

お百姓さんは、ぬかダンゴをすっかり食べてしまいました。
The farmer ate up all the rice bran dumplings.

さて、お風呂からあがって部屋にもどると、女中さんがご飯を持ってきました。
After getting out of the bath and returning to his room, the maid brought dinner.

それを見て、お百姓さんが言いました。
Seeing this, the farmer said,

「おら、お風呂でぬかダンゴを食ったから、もう、お腹がいっぱいじゃ」
“I ate rice bran dumplings in the bath, so I’m already full.”

「えっ? ぬかダンゴ?」
“What? Rice bran dumplings?”

「ああ、とてもうまかったよ」
“Yes, they were very tasty.”

女中さんは、ビックリしました。
The maid was astonished.

でも、お百姓さんに恥(はじ)をかかせてはいけないと思って、そのままご飯をさげました。
But she didn’t want to embarrass the farmer, so she took the dinner away without saying anything.

(もしかしたら、明日の朝も顔を洗うときに、ぬかを食べてしまうかもしれない)
(He might eat the rice bran again when he washes his face tomorrow morning.)

親切な女中さんは、ぬかと塩のかわりに、おもちをおいてあげました。
The kind maid left mochi instead of rice bran and salt.

さて次の朝、お百姓さんがお風呂場にいってみると、どうでしょう。
The next morning, when the farmer went to the bathhouse, what did he see?

ほかのお客さんは、ぬかを手ぬぐいにつつんで顔を洗っているのです。
Other guests were washing their faces with rice bran wrapped in cloth.

「なんと、ぬかは顔を洗うもんだったか。こりゃ、とんでもない恥(はじ)をかいてしまった」
“Oh, so rice bran is for washing your face. I made a terrible mistake.”

さて、お百姓さんが顔を洗おうとすると、目の前におもちがおいてあります。
When the farmer tried to wash his face, he saw mochi in front of him.

「よし、今度はまちがわないぞ」
“Alright, this time I won’t make a mistake.”

お百姓さんはおもちを手ぬぐいにつつんで、ごしごしと顔を洗いました。
The farmer wrapped the mochi in the cloth and scrubbed his face.

するとおもちがとけて、顔にベタベタとつきました。
The mochi melted and stuck all over his face.

それでもお百姓さんは、うれしそうに言いました。
Even so, the farmer said happily,

「やれやれ、今日は恥をかかずにすんだわい」
“Phew, I avoided embarrassment today.”

ところが顔は、おもちだらけです。
But his face was covered with mochi.

それを見た女中さんは、とうとう腹をかかえて大笑いしました。
Seeing this, the maid finally burst into laughter, holding her belly.

朗読用YouTub

朗読用です。眠れない時や読み聞かせ、勉強等にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

table of contents