日本昔話【うたうおなか】Japanese Folktale:inging Stomach

table of contents

うたうおなか(inging Stomach)

昔々、アイヌの村にパナンペという男の子が住んでいました。
Once upon a time, in an Ainu village, there lived a boy named Panampe.

パナンペはとても良い子で、父さんや母さんの言うことをよく聞いて家の手伝いをしました。
Panampe was a very good boy, he listened to his father and mother well and helped around the house.

ある日のことです。
One day,

「今日は天気が良いから山へ薪を取りに行こう」
“Today the weather is good, so let’s go to the mountain to gather firewood.”

パナンペは斧を持って山へ行きました。
Panampe took an axe and went to the mountain.

山は辺り一面真っ白に積もった雪にお日様の光がキラキラと輝いています。
The mountain was covered in snow, and the sunlight glittered on the white landscape.

雪を被った木の枝では小鳥が鳴いています。
On the snow-covered branches of the trees, small birds were singing.

「ああなんて綺麗な歌だろう。でも一体何て言っているんだろう?」
“Oh, what a beautiful song. But what in the world are they saying?”

パナンペは耳を澄ました。
Panampe listened carefully.

すると小鳥は大きな声で歌いました。
Then the small bird sang in a loud voice.

♪蟹ちょろちょろ ピイツンツン
♪Kani chorochoro Piitsuntsun
♪黄金ちゃらちゃら ピイツンツン
♪Kogane charachara Piitsuntsun
♪白銀ちんちん ピイツンツン
♪Shirogane chinchin Piitsuntsun

「蟹ちょろちょろって何のことだろう?」
“What does ‘Kani chorochoro’ mean?”

小鳥は繰り返し繰り返し歌います。
The small bird repeated the song over and over.

パナンペは口をぽかんと開けて小鳥の歌を聞いていました。
Panampe listened to the bird’s song with his mouth wide open.

するとその時、小鳥が木の枝から飛び降りてなんとパナンペの大きく開けた口の中へ飛び込んでしまったのです。
Then, at that moment, the small bird jumped from the branch and flew right into Panampe’s wide open mouth.

パナンペはびっくりして思わず口の中の小鳥を飲み込んでしまいました。
Panampe was so surprised that he accidentally swallowed the small bird in his mouth.

「あっ、小鳥を飲み込んじゃったぞ!お腹が痛くならないかな?」
“Oh, I swallowed the bird! Won’t my stomach hurt?”

パナンペは心配になってそっとおへその辺りを押さえてみました。
Panampe became worried and gently pressed his belly button.

するとお腹の中から小鳥の歌が聞こえてきたのです。
Then, from inside his stomach, he heard the bird’s song.

「わあ、大変だあ!」
“Wow, this is serious!”

パナンペは家へ飛んで帰って言いました。
Panampe rushed back home and said,

「父さん、母さん、僕のお腹の中で小鳥が歌を歌うんだよ。ほら」
“Father, Mother, there’s a bird singing inside my stomach. Look!”

おへそを押さえると
When he pressed his belly button,

♪蟹ちょろちょろ ピイツンツン。
♪Kani chorochoro Piitsuntsun.

と小鳥が歌い出したので、父さんも母さんもびっくり。
The small bird started singing, so his father and mother were astonished.

「こりゃ一体どうしたことじゃ?」
“What on earth is going on?”

パナンペの歌うお腹はたちまち評判になりました。
Panampe’s singing stomach quickly became famous.

「ちょっとおへそを押しておくれ」
“Just press your belly button a little.”

パナンペがおへそを押すと小鳥の歌が聞こえてきたので、みんなはとても驚きました。
When Panampe pressed his belly button, everyone was very surprised to hear the bird’s song.

これを見ていた友達のペナンペはパナンペが羨ましくてたまりません。
Seeing this, Panampe’s friend Penampe became very envious.

「ふん。僕だってそれくらいできるさ」
“Hmph. I can do that too.”

とパナンペの真似をしておへそをギューっと力いっぱい押しました。
So he imitated Panampe and pressed his belly button with all his might.

するとお尻から
Then, from his butt,

「ぶーーーーーっ!」
“Faaaaaaart!”

と大きなおならが出てきたのです。
A loud fart came out.

「ペナンペのはずいぶんと変な小鳥の歌だね。あはははははははっ」
“Penampe’s bird song is really strange. Hahahahahaha!”

みんなが大笑いするのでペナンペは恥ずかしくなってこそこそと逃げ出しました。
Everyone laughed loudly, so Penampe became embarrassed and sneaked away.

朗読用YouTub

朗読用です。眠れない時や読み聞かせ、勉強等にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

table of contents