日本昔話【サルカニ合戦】Japanese Folktale:The Battle of the Monkey and the Crab

table of contents

サルカニ合戦(The Battle of the Monkey and the Crab)

むかしむかし、カキの種(たね)をひろったサルが、おいしそうなおにぎりを持ったカニに、ばったりと出会いました。
Once upon a time, a monkey who had picked up a persimmon seed unexpectedly met a crab holding a delicious rice ball.

サルはカニのおにぎりが欲しくなり、カニにずるいことを言いました。
The monkey wanted the crab’s rice ball and said something sneaky to the crab.

「このカキの種をまけば、毎年おいしいカキの実がなるよ。どうだい、おにぎりと交換してあげようか?」
“If you plant this persimmon seed, you will get delicious persimmons every year. How about we trade it for your rice ball?”

「うん、ありがとう」
“Sure, thank you.”

カニは大喜びで家に帰り、さっそくカキの種をまきました。
The crab went home delighted and immediately planted the persimmon seed.

そして、せっせと水をやりながら、
Then, while diligently watering it,

♪早く芽を出せ、カキの種
♪Sprout quickly, persimmon seed
♪早く芽を出せ、カキの種
♪Sprout quickly, persimmon seed
♪出さねばはさみで、ほじくるぞ
♪If you don’t, I’ll dig you out with my claws

すると、どうでしょう。
And then, guess what?

さっきまいたカキの種から芽が出てきて、ぐんぐん大きくなりました。
The persimmon seed sprouted and grew rapidly.

♪早く実がなれ、カキの木よ
♪Bear fruit quickly, persimmon tree
♪早く実がなれ、カキの木よ
♪Bear fruit quickly, persimmon tree
♪ならねばはさみで、ちょん切るぞ
♪If you don’t, I’ll snip you with my claws

こんどはカキの木に、たくさんのカキが実りました。
This time, many persimmons grew on the tree.

「よし、これでカキが食べられるぞ」
“Alright, now I can eat the persimmons.”

と、カニはカキの実を取りに行こうとしましたが、カニは木登りが出来ません。
The crab went to pick the persimmons but couldn’t climb the tree.

「どうしよう?」
“What should I do?”

困っていると、さっきのサルがやってきていいました。
As the crab was troubled, the monkey came and said,

「ありゃ、もうカキが実ったのか。よしよし、おいらが代わりにとってやろう」
“Oh, the persimmons have already ripened? Alright, I’ll pick them for you.”

サルはスルスルと木に登ると、自分だけ赤いカキの実を食べ始めました。
The monkey quickly climbed the tree and started eating the ripe persimmons by himself.

「ずるいよサルさん、わたしにもカキを下さい」
“That’s unfair, Mr. Monkey, please give me some persimmons too.”

「うるさい、これでもくらえ!」
“Shut up, take this!”

サルはカニに、まだ青くて固いカキの実をぶつけました。
The monkey threw unripe, hard persimmons at the crab.

「いたい、いたい、サルさんずるい」
“Ouch, ouch, Mr. Monkey, that’s unfair!”

大けがをしたカニは、泣きながら家に帰りました。
The crab, badly injured, went home crying.

そして、お見舞いに来た友達の臼とハチとクリにその事を話しました。
Then, the crab told the story to its friends, the mortar, the bee, and the chestnut, who came to visit.

話しを聞いたみんなは、カンカンに怒りました。
Everyone who heard the story was furious.

「ようし、みんなであのサルをこらしめてやろう」
“Alright, let’s all teach that monkey a lesson.”

みんなはさっそくサルの家に行き、こっそりかくれてサルの帰りを待ちました。
They all went to the monkey’s house and secretly hid, waiting for the monkey to return.

「おお、さむい、さむい」
“Oh, it’s so cold, so cold.”

ふるえながら帰ってきたサルが、いろりにあたろうとしたとたん、いろりにかくれていたクリがパチーンとはじけて、サルのお尻にぶつかりました。
As the shivering monkey returned and tried to warm himself by the fireplace, the chestnut hidden there popped and hit the monkey’s bottom.

「あちちちっ、水だ、水」
“Ouch, ouch, water, water!”

お尻を冷やそうと水がめのところへ来ると、水がめにかくれていたハチにチクチクと刺されました。
When the monkey went to the water jar to cool his bottom, he was stung by the bee hiding in the jar.

「いたいっ、いたいよう、たすけてぇー!」
“Ouch, ouch, help me!”

たまらず外へ逃げ出すと、屋根の上から大きな臼が落ちてきました。
Unable to bear it, the monkey ran outside, and a large mortar fell from the roof.

ドスーン!
Thud!

「わぁー、ごめんなさーい、もう意地悪はしないから、ゆるしてくださーい!」
“Ahhh, I’m sorry, I won’t be mean anymore, please forgive me!”

それから改心(かいしん)したサルは、みんなと仲良くなりました。
From then on, the reformed monkey became friends with everyone.

朗読用YouTub

朗読用です。眠れない時や読み聞かせ、勉強等にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

table of contents